大学受験に合格する方法【英語学習の向上委員】

気になる費用には

勉強

対処法があります

学費に関する問題は多くのメディアで取り上げられるようになりました。日本は世界的に見ても大学にかかる学費が高額の傾向があると言われています。中でも私立大学は国公立の大学に比べると約2倍以上の開きがあるところもあり、進学を検討するにあたっては大きな障壁になることがあります。しかし、実はきちんと調べてみると私立大学にも学費を抑えて入学する方法はあるのです。その方法の中でも一番有名な方法は推薦入試です。推薦入試とは高校からの指定校推薦を得ることで推薦入試に挑戦する方法です。また、A.O入試も類似した方法になっています。推薦には高校3年間の成績による総合判断やスポーツなどによる推薦があります。入学費の減免なども行われており、私立大学への障壁を低くする制度です。またこの他に、奨学金制度の活用もあります。奨学金も金利の開きがあるので、借りる場合どこにするべきかを必ず見比べてから借入するようにしましょう。公的機関の奨学金の方が金利は抑えめです。ただし、銀行のローンの中でも条件が整えば非常にお手頃な金利設定になっているところもあるので、収入や条件を必ず申告し見比べましょう。私立大学の中でも、入試による得点などで特待生制度を設けているなど大学独自の学費制度を設けているところもあります。一概に最初から学費で大学を選ぶのではなく、サポート制度、自分が進みたい分野や大学をまずは希望として出してみることが大切です。