大学受験に合格する方法【英語学習の向上委員】

大学生

大学に編入できるか

短大では、短い時間で多くのことを学ばなければなりません。しかし、早く社会人として働きたい方には向いている学校と言えます。資格を短期間で取得したい場合は、短大で学ぶとよいでしょう。

医者

予備校選び

医学部専門の予備校は全国に数多くあります。その中で自分に合った予備校を見つけるのは中々難しいです。しかし、志望大学に合格するためにはこの予備校選びがとても重要になります。予備校の評判をまとめたサイトなどもあるのでそれを参考にしてみましょう。

勉強

気になる費用には

私立大学の学費は院額を検討するにあたっての障壁になっていることがあります。しかし、まずは希望する大学の制度を確認してみましょう。特待生制度や推薦入試などの方法があり、意外にも学費が抑えめになっているのです。

受験に備えて

英語

隙間時間を有効活用

高校生は、部活動や学校の行事など、いろいろと忙しいものです。そのため、大学受験対策は早めに始めることが大切です。特に、大学受験英語はレベルが高く、単語や文法など、暗記しなければならない事項も多いので注意が必要になります。ポイントは、隙間時間を有効に活用することです。隙間時間とは、通学中の電車の中などの数分間のことで、英単語の勉強をするにはうってつけです。英語の暗記は単調なので、長時間かけて覚えようと思っても疲れて集中できなくなります。しかし、隙間時間であれば、短いため、一気に集中して覚えることができます。この短期間にいくつ覚えようと意識付けすることで、より集中力を高められるのです。電車内での英語学習のために、大学受験用英語アプリなどをスマートフォンに取り込んでおくと便利です。混んでいる電車内で教科書や単語帳を出すのは難しいこともありますが、スマートフォンを利用すれば手軽に勉強できます。今のアプリは、大切な部分を隠す機能がついているなど、暗記しやすい工夫がされているので、上手に活用すると強力な武器になります。大学受験に必要な暗記をなるべく早い段階で終わらせ、高校時代の後半は長文読解やリスニングなどに時間を割くようにしましょう。単語が分かるとリスニングも容易になり、全体的に英語の点数が伸びます。読解やリスニングの勉強をする際は、英語の流れに合わせて、そのまま意味が分かるように練習すると良いです。